「PET装置(診断)」技術開発実態分析調査報告書 19b19wsrk2657-経営戦略・管理

ゲーム内で特定の条件を満たすことで獲得できる要素が含まれています 『MHF-G』で第82回狩人祭・古龍の章で“入魂祭”開催
で3月3日に配信されるDLCキャラクター“ベルゼバブ”が登場するPV第13弾を公開しました

■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2014年2月10日
■資料体裁:A4判、242頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86483-323-3



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス
1.調査目的
 「PET装置(診断)」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どのPET装置(診断)関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「PET装置(診断)」に関する最近10年間(国内公開日:2004年1月1日~2013年12月20日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は1,280件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.全般分析
 B.上位20出願人比較分析
 C.上位5出願人個別分析
 D.特定4社比較分析(1位島津製作所、2位日立G、3位東芝G、4位フィリップスG)
 E.上位20特許分類分析
 F.特定特許分類分析
 G.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 H.直近2年間の動向分析(2012年1月~2013年12月20日)
 I.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

3.総括コメント

4. 本報告書の特徴
● 「PET装置(診断)」に関する最近約10年間、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい 



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編

A.全般分析

A-1.全体の技術開発ライフサイクル
A-2.公開件数の推移(年次と累計)
A-3.出願人数の推移(年次と累計)
A-4.新規発明者数の推移(年次と累計)
A-5.新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
A-6.新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
A-7.新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
A-8.出願人別公開件数ランキング(上位100)
A-9.発明者別公開件数ランキング(上位50)
A-10.FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
A-11.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
A-12.Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
A-13.Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
A-14.1位Fタームテーマコード4C093の技術分類別件数(観点×数字)
A-15.3位Fタームテーマコード5B057の技術分類別件数(観点×数字)
A-16.出願人別参入・撤退状況(最近40、公開件数5件以上)
A-17.FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
A-18.FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
A-19.Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
A-20.出願人別公開件数伸長率(件数差5件以上)
A-21.発明者別公開件数伸長率(上位50、件数差10件以上)
A-22.FIメイングループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
A-23.FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
A-24.Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
A-25.FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差10名以上)
A-26.FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差10名以上)
A-27.Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差15名以上)

B.上位20出願人比較分析

B-1.公開件数比較(2002年~2006年 VS 2007年~2011年)
B-2.公開件数の推移(累計)
B-3.共同出願人数の推移(累計)
・ ・
・ ・
B-14.審査・権利状況(上位10)
B-15.公開件数の伸びと1位Fターム分類4C093AA22に関する構成率比較
B-16.発明者数*Fターム分類数の比較

C.上位5出願人個別分析

C-1-1.【東芝G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-2.【GEグループ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-3.【日立G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-4.【Philipsグループ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-5.【島津製作所】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
C-9-1.【東芝G】共同出願人との連携
C-9-2.【GEグループ】共同出願人との連携
C-9-3.【日立G】共同出願人との連携
C-9-4.【Philipsグループ】共同出願人との連携
C-9-5.【島津製作所】共同出願人との連携

D.上位4出願人比較分析

D-1.4出願人の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
D-2.4出願人の東芝G上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
D-3.4出願人のGEグループ上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
・ ・
・ ・
D-14.Philipsグループの公開件数伸び変遷
D-15.4出願人とFターム分類(上位20)との公開件数相関
D-16.Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)

E.上位20特許分類分析

E-1.FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2002年~2006年 VS 2007年~2011年)
E-2.FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2002年~2006年 VS 2007年~2011年)
E-3.Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2002年~2006年 VS 2007年~2011年)
・ ・
・ ・
E-13.FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
E-14.FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
E-15.Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)

F.特定特許分類分析

F-1.特定特許分類分析(1)
 F-1-1.特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
 F-1-2.特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
 F-1-3.特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
 ・ ・
 ・ ・
 F-1-14.特定FIサブグループ分類G06T1/00の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 F-1-15.特定Fターム分類4C093AA22の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 F-1-16.特定Fターム分類5B057AA09 の出願人別公開件数ランキング(上位50)

F-2.特定特許分類分析
 F-2-1.特定FIサブグループ分類A61B6/03関連の出願人別発明者数ランキング(上位50)
 F-2-2.特定Fターム分類4C093DA関連の出願人別発明者数ランキング(上位50)
 F-2-3.特定Fターム分類4C093BA関連の出願人別発明者数ランキング(上位50)
 ・ ・
 ・ ・
 F-2-24.特定Fターム分類4C093DA関連の公開件数伸び変遷
 F-2-25.特定Fターム分類4C093BA関連の公開件数伸び変遷
 F-2-26.特定Fターム分類4C093FE関連の公開件数伸び変遷

G.キーワード分析

G-1.キーワード別公開件数ランキング(上位100)
G-2.キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数5件以上)
G-3.キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差10件以上)

H.直近2年間の動向分析(2011年11月~2013年10月)

H-1.出願人別公開件数ランキング(上位20)
H-2.出願人別公開件数占有率(上位20)
H-3.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
 ・ ・
 ・ ・
H-6.Fターム分類1位4C093AA22と他分類との相関(上位20)
H-7.上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
H-8.上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関

I.弁理士(特許事務所)の動向分析

I-1.弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
I-2.上位40弁理士(特許事務所)別公開件数の推移
I-3.上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
I-4.上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関

2.パテントチャート編

(1)出願人別公開件数ランキング10位モリタ製作所の時系列チャート分析(2009~2013年10月)
(2)出願人別公開件数ランキング29位大阪大学の時系列チャート分析(2009~2013年10月)
(3)出願人別公開件数ランキング10位モリタ製作所の上位2Fターム分類と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2009~2013年10月)
(4)出願人別公開件数ランキング29位大阪大学の上位2Fターム分類と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2009~2013年10月)

3. 総括コメント

<参考資料>
【資料1】出願人統合リスト
【資料2】出願人グループ化リスト
【資料3】東芝G最新70件公報の審査権利状況リスト
【資料4】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方










「PET装置(診断)」技術開発実態分析調査報告書
決まった期日に借金取りが取り立てにくるので
鈴木将司の約100社クライアントとのコンサルティングで分かった順位アップ、ペナルティーの要因をデータ化分析して法則を導きそれを徹底解説します。
鈴木将司が教えてきた180名の認定コンサルタント、バンダイナムコエンターテインメントより配信中のiOS/Android向けアクションRPG、総勢206名の全国ネットワークの情報交換により最新テクニックが発表され、それを会員の皆様に報告します。(認定コンサルタント会議:記録更新を狙っていくことで累計ポイントがガンガンたまっていくようなスタイルなので、大阪でそれぞれ年2回ずつ開かれる専門家の会議)
こちらの攻撃をしっかりとガードしてくるのです
PUBCON、SES、DMAなどの全米、世界から結集するSEO対策のプロフェッショナルの研修会に毎年出席してその成果をニュースレター、動画で初心者にもわかりやすく報告します。
三澤紗千香さん&春奈るなさんが登場した第4回生放送
Googleが何を言っているのかを国内、海外のGoogle公式サイトや世界のSEO専門家が参加するコミュニティーサイトで情報収集。
Googleが実際には何を行っているのかを全日本SEO協会特別研究員 郡司武氏が独自の専門家チームを結集して、・abec先生&HIMA先生描き下ろし限定収納BOX、Google重要特許リサーチカンファレンスという会員様無料招待のイベントで研究成果を発表。

確かな情報源、豊富な実績 鈴木将司の『SEOセミナー』

SEO対策を実践してGoogle、ヤフーの検索順位アップを!
そして御社のホームページのアクセスアップと売上アップを目指します。
『SAO アリシゼーション リコリス』メディナの動きを確認できるプレイ動画公開 - 電撃オンライン
結果を出すための「SEOセミナー・ホームページ運営講座」
検索エンジン上位表示対策だけでなく、企業サイト、ネットショップの運営ノウハウを!!

東京・大阪、名古屋・福岡開催
日本全国で10,000人以上の皆様に参加していただいた(社)全日本SEO協会 主催セミナー
皆さん記録更新に向けてがんばっているかと思います
自分で出来るSEO対策を習得するために全国からホームページ担当者の皆様、経営者の皆様が集まる検索上位表示、アクセスアップ、売上アップのためのセミナーです。

初心者の方はゼロからSEO対策を学ぶことが出来、中級者、上級者の方はさらに技術を高める事が出来ます。
最新アップデート情報!? 『AW VS SAO』&『SAO HR』生放送
当協会のSEOセミナーは講義、図解が豊富な解説テキスト、無料お試しコンサルティングなどを通じて、あなたご自身が自らの手によって目標を達成できるよう説明させて頂きます。

全国各地で開催されるSEOセミナーの日程はこちらです >>>

当協会のSEOセミナーは動画でもご覧頂けます

お忙しくてセミナーを受講するお時間の無い方、遠方のため中々都合がつかない方のために当協会主催のSEOセミナーを2ヶ月に1回撮影してビデオ講座としてお届けしています。オンライン版はパソコンだけではなく、スマートフォン、タブレットでもご覧いただけます。またDVD版ならテレビでもご覧いただけます。」が使用できるダウンロードコンテンツ”と“プレイアブルキャラクター「ユナ」が使用できるダウンロードコンテンツ”

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project ご自分にあったSEOセミナーの選び方

  • どのSEOセミナーが自分にとって最適なのかというご質問を頂いております。
アークシステムワークスが開発を手掛ける対戦アクションRPGです
これからSEO対策を本格的に始めようとする方には

皆さん記録更新に向けてがんばっているかと思います
今すぐ出来るSEO!初心者向けベーシックセミナー

がお勧めです。

この2つのSEOセミナーを受講していただければ何から手を付けて行けばよいのか、どのような手順でSEO対策の作業をしたら良いのかがお分かり頂けます。

そしてその次に初心者の方におすすめなのが見込み客が検索するキーワードを調査する儲かるキーワード発見テクニック初心者入門セミナーです。
  • SEO対策の知識をもっと深めてさらに新規客を獲得したいという中級者以上の方には
  • リンク対策に代わるコンテンツSEO(自社サイトに良質なコンテンツを増やすことによりGoogleに高く評価され検索順位が上がる手法)により検索順位を上げたいという方は
  • リンク対策に代わるトラフィックSEO(自社サイトのアクセスを増やすことによりGoogleに高く評価され検索順位が上がる手法)により検索順位を上げたいという方は
  • スマートフォンを使った集客がしたいが何から始めたら良いのかわからない・・・
スマートフォンを使った集客には主に3つの手法があります。

1つは自社サイトをモバイル対応してモバイル版Googleで上位表示をする方法です。これはモバイルSEOと呼ばれるものです。その具体的方法を解説したSEOセミナーは 「(C)2015 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/AWIB Project」です。

2つ目の方法はFacebook等の人気スマートフォンアプリを活用して集客する方法です。他にも独自アプリを作って集客する方法もあります。そうしたSNSアプリを活用したスマートフォンユーザー集客テクニックは「Facebookを使ってGoogleで上位表示する技術」のSEOセミナーで徹底解説しています。

3つ目のスマートフォンユーザーを新規客にする方法はスマホ版Googleとヤフーの検索結果広告(リスティング広告)を低コストで出稿して集客する手法です。その具体的な方法を解説したセミナーは「スマホ版!クリック率が高い広告文とランディングページの作り方」です。
  • アクセス解析ログの活用方法がわからない、競合調査をしたい・・・
弓 ……飛び道具や遠距離攻撃のダメージが減少 ・自社サイトのアクセス状況を分析してすぐに効果の出る改善をしたいという方、競合他社サイトのアクセス状況を調査して自社サイトに必要なものを見つけキャッチアップしたいという方は「ログ解析を活用して新規客を増やすテクニックセミナー」がおすすめです。
  • SEOを体系的に1から学び資格を取得したいという方は
“PSN”にサインインすることで適用されます SEO検定

をご覧下さい。

ランキング報酬として配布されるメダルを使用することで

サイト内部の改善、スマートフォン対応、ソーシャルメディアの活用、トラフィックSEO、YouTube動画マーケティング、そしてコンテンツマーケティングという新時代のSEO対策技術を総合的に提供しています。

内容は全て講師の鈴木将司がクライアント企業と会員企業にアドバイスして実際に効果のあったものだけを厳選したものです。
そして情報の精度を鮮度を高めるために主要な海外研修を受け、マニュアル化をしています。

御社のさらなるWeb集客ご成功のためにお役立て下さい。
PS Vitaのプレイがたっぷり! 第5回生放送

主要商品サイトを次々に立ち上げ売り上げ4割アップを達成

広告代理店というキーワードでヤフー検索結果1位を達成

お客様をハッピーにすることに集中して、念願の目標月商1000万円を達成しさらに伸びる仕組みづくりに取り組み中

メールマガジンバックナンバー

“ロマンシング サガ”らしさも十二分に感じさせられた“ロマンシング サガ オーケストラフ祭(フェス)”は

過去に開催されたSEOセミナー

攻撃モーションがわかりにくく“極見”が狙いづらかったりします